メインコンテンツ

その他のコンテンツ

体によい生姜

体によいと言われている食べ物は数多くあるのですが、冬になって風邪が流行ってくる季節になると、生姜が体によいと言われることがよくあります。日本国内で生姜の産地と言って思い浮かぶのは高知県なのですが、特に四万十川周辺が生姜の産地と言われています。 四万十川は日本三大清流の1つでもあり、大きな河川では日本で唯一支流も含めてダムが存在しておらず、周辺の環境もよくなっているので、とても水が綺麗なことでも有名です。だからこそ生姜を始めとした数多くの農作物が育つのですが、そんな生姜は食べ物としてだけではなく、昔は生薬としても用いられていたと言われています。

現在でも風の予防には最適と言われていますし、特に体を温める保温効果と免疫力を高める効果、そして殺菌効果に優れていることから、風邪を引いた時には生姜がよいと言われているのです。人間の体は体温が上がると抵抗力も上がると言われているので、保温効果のある生姜には、免疫力を高める働きもあるのでしょう。 また、喉が痛い時にも生姜は効果的と言われているのですが、喉によい理由は殺菌作用があることと、鎮痛効果があるので昔から喉が痛い時には生姜がよいと言われ、多くの人が実践してきたのです。

そんな生姜もやはり過剰摂取すると悪影響が出てしまうので、適量を摂取することを心がけなければいけません。生姜の摂取量は、1日で10グラムが最適と言われているのですが、10グラムと言われてもピンとこない人が多いでしょう。生姜10グラムとは、スライスした生姜を6枚、摩り下ろした生姜であれば小さじ1杯が目安と言われています。

○注目サイト
体を温める保温効果があると言われている生姜をドリンクにした冷え性対策の商品です・・・生姜